肌を痛める間違ったスキンケアとは

肌を気にする女性

 

スキンケアをしない女性はいないと思いますが、そのスキンケア方法、合っていますか?

スキンケア方法も一歩間違えると肌トラブルを引き起こすことになりますから、注意が必要です。

では一体どんなスキンケアが、肌をいためてしまうのでしょうか、順番に見てみましょう。

まずクレンジングですが、クレンジングはオイル、ミルク、ジェルなどタイプによってメイクの落ち具合が違います。
最もよく落ちるのはオイルタイプですが、ニキビが心配、油っぽくなるのでは、などという理由からよくメイク汚れになじませずに落としてしまう人がいます。

メイク汚れが肌に残ると肌荒れの原因となり、ニキビなどもできてしまいますので注意が必要で、濃いアイメイクなどはポイントメイク落としを使わなければ、しっかりと落とすことはできません。
次に洗顔ですが、洗顔の際、指や手のひらで頬などをこすってはいないでしょうか。

実はいくら石鹸の泡があるからと言っても、指や手のひらで肌をこすってしまうと、そこに摩擦が生じてしまいます。

摩擦が生じれば当然熱を帯びて傷つき、やがてその傷が肌を固くしてしまうので、ですから洗顔をする際は、必ずたっぷりの泡で行うようにしましょう。

洗顔後は化粧水、と言う方が多いでしょうが、この化粧水のタイミングも大切で、化粧水は洗顔後すぐにつけるようにしなければ、洗顔後は必要な皮脂も除去されてしまうため乾燥した肌がますますひどくなってしまいます。

化粧水は肌に水分を与えるためにありますので、洗顔後はできるだけ早めに化粧水をつけるようにしましょう。
子育てをしているから難しいという場合は、保湿成分入りの洗顔料もありますので活用してみるといいでしょう。

化粧水後は必ずクリームでふたをしてください。

化粧水は肌に浸透させただけであり、ふたをしなければどんどん蒸発し、肌が乾燥してしまいます。

乾燥した肌はシミ、シワ、たるみなど、様々なトラブルを引き起こしまって、この乾燥こそがスキンケアによって肌をいためる原因となりますので、乾燥しないスキンケアを心がけてみるといいでしょう。

その後、美容液をつけると言う方も多いかと思いますが、美容液はポイントでつけるタイプがほとんどです。
たとえば顔全体に美白美容液をつけた場合、くすみやシミなどがない部分にまで作用し、ひどければ白斑を引き起こす可能性があります。

他にも、ピーリングは決められた頻度で行わなければターンオーバーが乱れてしまうなど、スキンケアを間違えると大変ひどい目に遭いますのでスキンケアで肌を傷めないためにも、スキンケア方法一つ一つを確認してみましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る