乾燥しているとニキビやシワができやすい?正しいスキンケアとは

ニキビやシワに悩む女性

 

乾燥はニキビ、シワの元です。

ニキビができるのは脂性肌の人だけと思われがちですが、実は乾燥もニキビを作りやすいのです。

ではなぜ乾燥肌になるとニキビやシワになりやすいのでしょうか。

その原因と正しいスキンケア方法についてみて見ましょう。

まずなぜ乾燥するとニキビができやすくなるのかということで、乾燥はご存知のように必要な水分量が肌から失われている状態です。

これは肌の内側からも水分が蒸発してしまっている状態なのですが、なぜ水分が蒸発するのかと言うと、肌表面を多い、蒸発を防ぐはずの皮脂が減ってしまっているからです。

皮脂が減ると水分はどんどん蒸発し、肌は乾燥します。

すると肌は自身を守ろうとして皮脂をより分泌するようになります。

皮脂が分泌され始めるとそれが毛穴を詰まらせてニキビになるのは言うまでもありませんが、実は皮脂が分泌されたことによって、勘違いして余計に皮脂のケアを行う人がいます。

ここで間違いが起こりやすいのですが、皮脂が分泌されているために自分は脂性肌だと勘違いし、スキンケア用品も脂性肌向けのものを使ってしまうのです。

脂性肌向けのスキンケア用品は油分を押さえ、皮脂を取り除くことに重点を置いていますから、乾燥肌に使えば余計に乾燥を進めてしまいます。

するとどんどん皮脂が分泌されると言う悪循環に陥り、乾燥肌によるニキビも悪化してしまうのです。

次にシワですが、乾燥すると水分が失われた砂漠のような状態になりますから、肌の弾力を支える基礎がどんどん崩れていきます。

基礎が崩れれば基礎は捻じ曲がった状態となり、シワができてしまいます。

やがてたるみにもつながり、特に乾燥しやすい目元や口元にシワができやすくなってしまい、乾燥によるニキビ、シワを防ぐためには、保湿重視のスキンケアを取り入れましょう。

保湿重視といっても、ただ保湿すればいいというわけではありませんので洗顔料は保湿成分入りのものをつかい、化粧水も保湿化粧水などと書かれたものを選ぶようにしましょう。

また化粧水をした後は水分の蒸発を防ぐためにクリームや乳液でふたをしましょう。

乾燥肌の人で一番多いのは、化粧水した後にふたをしないこと、そのために水分が蒸発してしまうことで、保湿を重点的に行い、美容液をピンポイントで使うことで、シワやニキビを予防、改善することができます。

今までニキビやシワに悩まされていたと言う方は、肌が乾燥していないかチェックすることから始めてみてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る