季節によってスキンケアの方法を変える必要性とは

紫外線を気にしている女性

季節によって肌の状態が変わるってご存知ですか?

もっともよく分かるのは、春になると肌がかゆくなる、冬になると肌が乾燥しやすい、夏になると脂性になりやすい、ということでしょう。

この場合、1年を通じて同じスキンケアをするのではなく、季節によって季節に合わせてスキンケアを行っていくことが大切になります。

季節によって肌の状態が違うとお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

まず春ですが、春はいろいろな生命が息吹く季節ですから、それとともに肌にも影響が出てくる季節です。

1つは花粉です。

花粉症患者が急増するのが春ですが、花粉は肌に付着すると水分を吸収し、肌の乾燥を進めてしまいます。

また春は雪解けの季節とはいえ、冬の乾燥を引きずっていますので、肌にも乾燥対策が必要で、保湿をしっかり行い、肌のバリア機能を高めてあげることが春に求められるスキンケアです。

バリア機能を高めるためには、洗顔を正しく行い、保湿を十分行いましょう。

スプレータイプの携行型化粧水なども便利なアイテムで、夏が近づくと寒い日、暑い日を交互に迎えるようになりますから、その日にあわせたスキンケアをします。

あと春から必要になるのが紫外線対策で、夏に向けて強くなる紫外線は、6月頃から強まってきますので、UVカット化粧品を忘れないようにしましょう。

夏は汗をかきやすく、皮脂の分泌量も増えますから、皮脂を適度に抑えてくれる、あるいは取り除いてくれるスキンケアを行いましょう。

ただし、皮脂を取り除きすぎると乾燥肌になってしまいますので、ある程度の皮脂を残すか、クリームや乳液でしっかりケアするようにしてください。

秋は一気に寒くなってくる季節ですから、実は1年の中でももっとも肌が安定しやすいという人もいます。

ですから普段どおりのスキンケアを行いますが、UVケアは忘れないようにしましょう。

冬は乾燥が進む季節です。

雪が降るのになぜ乾燥するのかというと、原因は室内外の温度差にありますので、温度差が大きければ大きいほど、家に帰ってきてから水分が飛ぶ量も増えてしまい、肌は乾燥しやすくなります。

また静電気も発生しやすい季節ですから、保湿ケアを重点的に行いましょう。

季節に合わせたスキンケアは、肌の状態を良好に保つ秘訣でUVケアは基本的に春から秋にかけて行えば大丈夫ですが、地域によっては冬でも紫外線が強い季節がありますので、自分が住んでいる地域の1年を通しての紫外線寮をチェックしてみるのもお勧めです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る