コットンを使ってのスキンケアは肌にやさしい?

コットンを使ってスキンケアをする女性

 

スキンケアはコットンでするのがいい、と言われていた時代もありますが、コットンを使ってスキンケアをすることにはメリットとデメリットがありますので、覚えておくといいでしょう。

では一体、コットンを使ってスキンケアをすることのメリットとデメリットとは何でしょうか。

またコットンを使った正しいスキンケア方法も見てみましょう。

コットンは化粧水を適量含ませて肌になじませるのにとても有効な方法とされています。

基本的にはパッティングで使うのですが、やり方を間違えてしまうと肌トラブルを引き起こすきっかけとなってしまいますので注意が必要です。

コットンを使うメリットは、優しく肌に押し付けるようにすることで、余すところなく化粧水や美容液の成分を肌の奥に届けられることです。

素手で行うよりも浸透力が高く、角質層までしっかりと成分が届くようになります。

仮に手のひらを使って化粧水を肌につけたとき、しっかりとハンドプレスしなければ化粧水は肌と肌の隙間から逃げてしまい、十分にケアすることができません。

手のひらからこぼれてしまうとせっかくの美肌成分がもったいないことになってしまいます。

しかしコットンは美肌成分を逃すことなく肌に吸収させますから、とても効率的なのです。

注意したいのはやりすぎてしまうことです。

コットンは確かにスキンケアに有効なのですが、力を強くして押さえつけてしまう、押さえつける回数を増やしてしまうと肌に負担をかけてしまい、肌が赤くなってしまいます。

パッティングする際、コットンからあふれるほど化粧水をしみこませる、パッティング後にコットンが毛羽立つような場合、肌に負担がかかっていると思っていいでしょう。

さらにコットンで肌をたたけば肌には大きな負担となりますし、さらに毛羽立った繊維が肌を傷つけることにもなりますから、やがてはニキビやシミなどを作ってしまうのです。

正しいコットンによるパッティング方法とは、まず化粧品に書かれている分量をコットンに取ることです。

適量と書かれていれば10円玉程度の大きさと捕らえましょう。

コットンは中指と薬指ではさみ、下から上にパッティングしていき、ポイントは力を入れないこと、たたかないことです。

基本的にスキンケアは化粧水や乳液、美容液などを肌に浸透させるものであり、叩き込むものではありません。

美しい肌を保ちたい、肌トラブルを改善したいというのであれば、まずは基本となるコットンのパッティング方法を覚えておきましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る