洗顔のみのスキンケアはダメ?

洗顔をする女性

 

スキンケアをするとき、時間がないから、面倒だから、美容成分が洗顔料にも含まれているからなどと言う理由で洗顔だけで終わらせてしまう人がいます。

しかし洗顔料だけでスキンケアすることは、十分に肌をいたわっているとはいえません。

確かにスキンケアのファーストステップとして洗顔は大切ですが、洗顔だけで終わってはいけない理由、そしてその後のスキンケアの必要性を知っておきましょう。

そうすることで、本当に必要なスキンケアがわかるでしょう。

 

まず洗顔の目的ですが、洗顔は肌に付着した汚れや汗などを落とすために行います。

一般的には最初にぬるま湯などで洗った分で、大方の埃は落とせるといいますが、メイク汚れや毛穴に詰まった汚れはぬるま湯だけで落とすことはできません。

毛穴に詰まった汚れなどを落とすために洗顔を行い、洗顔料はよく泡立て、泡で顔を包み込むように優しく洗っていきます。

泡を使わなければ、指でこすることになりますが、これは肌に大きな刺激となりますのでやめましょう。

洗顔料には目的がいろいろあり、たとえば汚れ落とし、美白、ピーリングなどがあって、それぞれ目的と効果は違うのですが、共通して言えることは、洗顔後の肌は乾燥しているということです。

多くの洗顔料には界面活性剤が含まれているのですが、これは泡立ちをよくし、洗浄力を上げる効果があります。

 

最近は界面活性剤を使用していない洗顔料も多く販売されているのですが、いずれも皮脂を落とします。

皮脂が落ちるとどうなるかというと、肌のバリア機能を守っていた皮脂が失われてしまい、肌の内側の水分が蒸発し始めます。

実は皮脂と言うのは肌の水分を内側に閉じ込めるふたの役割を果たしているので、洗顔するとそのふたをはがしてしまい、肌の水分を減らすことになってしまうのです。

 

しかし汚れが落ちなければ後からつける化粧水などの美容成分が浸透していきませんから、洗顔は必要不可欠で、皮脂が失われると肌はどんどん乾燥していき、やがてシワやシミ、ニキビなどの肌トラブルを引き起こしてしまいます。

ひどければ敏感肌になってしまいますので、洗顔だけでスキンケアを済ませようとすることは非常に危険なことなのです。

これは洗顔料に美容成分が配合されている場合も同様で、確かに美容成分が配合された洗顔料を使えば、洗顔後も肌はしっとりとした状態が続くのですが、皮脂が不足していることに変わりありませんから、そのしっとりを保つ水分はどんどん逃げていきます。

肌の水分を保持するためにも、洗顔だけのスキンケアはやめましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る