スキンケアに使う化粧水と乳液のオススメ

顔のシミを気にする女性

スキンケアの必須アイテムである化粧水と乳液ですが、とにかくたくさんの種類があるので、どんなものを使えばいいか分からないという方も多いのではないでしょうか。

ですが、どんなに種類が多くても、化粧水と乳液は大きく分類するとしっとりタイプとさっぱりタイプの2つに分けられます。

人の肌というのは、乾燥肌、普通肌、オイリー肌があるので、自分の肌質に合わせたタイプを選ぶのがオススメです。


最近はクチコミの評価の高いものや、人気ランキングを参考に選ぶ方が増えているようですが、自分の肌質にあったものじゃないと、どんなに優れた効果を持っている商品でもその効果を得ることは出来ません。

ですので、自分の肌質を把握した上で、肌に合うタイプのものをクチコミやランキングで探すといいでしょう。

ただ、乾燥肌ならしっとりタイプ、オイリー肌ならさっぱりタイプを選べばいいのですが、普通肌はどちらを使えばいいかというのが難しいかもしれません。

普通肌はバリア機能が正常に働いていて、水分と油分のバランスもある程度整っている状態です。

ですので自分が好きな肌質に仕上がるタイプを選んで大丈夫ですが、中には乾燥肌やオイリー肌に傾きかけていることもあります。
もしも乾燥しているのであれば、普通肌だとしてもしっとりタイプを使う方が、効果的にスキンケアをすることができるのです。

自分の肌の状態に自信がないという方は、肌の一部がカサついていたりオイリーになっていないか確かめて、もし肌状態がどちらかに傾いているようであれば、その部分の状態に合わせたタイプを選んでください。
また、肌のタイプというのは、敏感肌やニキビ肌もあります。

このように、特に肌の状態が揺らぎやすい場合は、専用の化粧水や乳液を使うようにしましょう。

敏感肌やニキビ肌というのは、肌のバリア機能が低下しているため、普通の化粧水を使うとそれが刺激となってトラブルが悪化してしまうことがあるのです。

乳液の主成分は油分になりますが、敏感肌は油分によって刺激を受けてしまいますし、ニキビの場合は毛穴の詰まりがひどくなります。

そうなると、いくらスキンケアをしていても理想のお肌になることはできません。

と言っても、化粧水はもちろんですが乳液もきちんと使わないと、お肌の状態を改善できませんし、使わないことで肌の状態が悪化してしまうこともあります。

ですので敏感肌やニキビ肌の方がスキンケアに使う化粧水と乳液を選ぶ場合は、こういったお肌の改善に特化した成分が配合されている専用のものを使いましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る