スキンケアで重要な保湿の方法

attractive asian woman skincare image

どんな肌質のスキンケアでも、もっとも重要となるのは保湿です。

肌が乾燥している場合は、水分をしっかり蓄えられる状態に改善しなくてはいけませんし、例えオイリー肌であっても、スキンケアによって保湿をしないと皮脂の分泌が過剰になってしまいます。

普通肌だったとしても、保湿をしないことで肌が乾燥しやすくなったり、水分保持機能が低下してしまいます。

保湿というのは、肌が湿った状態を保つことなので、クリームなどに含まれる油分で行うと思っている方もいるでしょう。

ですが、もう少し具体的に言うと、肌が水分を保持する力を保てるようにすることになります。

ちょっと複雑な言い回しですが、どんなにたくさんの水分を与えたとしても、肌自体にその水分を保持する力がなければ体温によってどんどん蒸発してしまいます。
また肌の水分は空気の乾燥でも蒸発しやすくなってしまうため、水分保持機能を持った成分をたっぷり補給し、さらに空気の乾燥に負けない油分で肌を守ってあげることがスキンケアにおける保湿となります。

基本的に、肌の内部には保湿成分であるセラミドや天然保湿因子、水分を保持する働きを持つヒアルロン酸などが存在していますが、これらの成分がたっぷりあればスキンケアで保湿する必要はありません。
しかし、保湿成分というのはダメージや加齢、食生活の乱れなどでどんどん減少してしまいます。

そのため人によって乾燥したりオイリーになったりするなど、肌の状態が乱れてしまうのです。

また肌を守るバリア機能は、皮脂と汗が混ざり合ってできる天然の保湿クリームによって正常に働きますが、これもダメージや過剰な洗顔などによって機能が低下します。

すると外部の刺激から肌を守ることができなくなるため、敏感肌やニキビ肌などになってしまうのですね。

保湿は、美容成分によって水分保持機能をサポートしながら、同時に油分で肌のバリア機能を強化することにつながります。

どちらが欠けても水分を肌の内部に蓄えることが出来ないので、水分を保持する成分と油分の両方を与えることが正しい保湿の方法と言えます。

人によっては、クリームの使い心地が嫌いだったり、オイリー肌だから必要がないと思うようですが、単に化粧水と美容液をつけているだけでは保湿にはなりません。

基礎化粧品のラインというのは、保湿に必要だからこそ揃えられているので、どのアイテムが欠けても正しい保湿はできません。

つまり、しっかり保湿をするには、全てのアイテムをそれぞれきちんと使うことが重要と言えるのですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る