スキンケアをしていて鼻のTゾーンにニキビ!そんな悩みの解決方法を考察

attractive asian woman beauty image

基礎化粧品は、導入美容液やスポット美容液、クリームなどいろいろな種類がありますが、スキンケアをする場合、最低限使わなくてはいけないのが、化粧水、美容液、乳液の3点になります。

どんな肌質であっても、この3つを使わないと水分保持機能をアップさせることも保湿をすることもできません。

ただし、肌の状態に合わせて使いこなさないと、逆にトラブルが起きてしまうことがあります。

その代表的なものと言えるのが、鼻のTゾーンのニキビです。

Tゾーンはもともと皮脂の分泌量が多いため、ニキビが出来やすい部分になります。

そんな部分に必要以上に油分を与えてしまうと、角質と混ざり合って角栓が出来てしまい、毛穴に詰まってしまうので乳液の量に気をつけなくてはいけません。

乳液は、化粧水や美容液で補給した美容成分を肌に閉じ込める働きをしているので、必ずスキンケアの最後に使う必要があります。

ただつけ過ぎてしまうと、油分が肌に馴染まずに浮いたままになって角栓になったり、時間が経つと酸化してTゾーンのニキビを作り出してしまうのです。

ですので、解決方法としてはニキビが出来たらTゾーンだけ乳液をつけないようにする、というのを試してみましょう。

また、Tゾーンのベタつきが気になって、しょっちゅうあぶらとり紙を使ったり、洗顔をしすぎてしまうという方も多いのではないでしょうか。

確かに余分な皮脂を取り除くのは、ニキビを作らないためには良いことなのですが、皮脂はバリアとなる皮脂膜を作るために必要です。

つまり取り除きすぎるとバリアが形成されずに刺激を受けやすくなったり、乾燥して角質が固まって毛穴を塞いだりしてしまいます。

さらに、皮脂が不足していると肌が感じた場合、その不足を補うためにより一層皮脂の分泌が盛んになってしまうこともあります。

このような状態になると、当然ニキビが出来やすくなりますから、皮脂の取りすぎにも注意しなくてはいけません。

べたつきやすいTゾーンは水分と油分のバランスを整えてあげることが大事なので、化粧水でたっぷり潤すようにするといいでしょう。

潤いが十分に与えられれば、皮脂が過剰に分泌されることはありませんし、皮脂の分泌量が正常になればニキビの改善にもつながります。

スキンケアでは、どうしても乾燥しやすい目元や口元などを優先して、皮脂が多いTゾーンのケアが不十分になりがちです。

ですのでTゾーンにはしっかり潤いを与えること、乳液をつけすぎないようにすることを意識してスキンケアをしていく、というのが効果的な解決方法となるのですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る