スキンケアで重要な洗顔料や石鹸選びの正しい方法

アワ

基礎化粧品はしっかり成分をチェックして、クチコミなども参考に選ぶという方が多いですが、意外に盲点となっているのが洗顔料です。

確かに、洗顔は顔の汚れを落とすのが一番の目的なので、特に成分にこだわる必要がないように思えます。

また、どんな肌質であっても洗顔料でスキンケアをすることはないので、何を使っても問題ないように思ってしまうのもしょうがないかもしれません。

しかし肌には汚れだけではなく、バリア機能を保つための皮脂もあり、これを取りすぎてしまうと皮脂膜が生成されずに乾燥肌や敏感肌になってしまうことがあります。

それに肌が弱い人が洗浄力の強い洗浄成分を使っていると、顔を洗うことがダメージとなって肌トラブルが引き起こされてしまったりします。

つまり洗顔料や石鹸によって、肌質が低下してしまったり、肌に大きな負担をかけてしまうこともあるのです。

洗顔をすると肌は丸裸状態になりますから、一番ダメージを受けやすくなっているので、基礎化粧品と同じく肌質にあった洗浄成分が配合されている洗顔料を選ぶことが重要となるのですね。

洗顔料は、大きく分けるとクリームタイプ、フォームタイプ、パウダータイプ、石鹸の5種類があります。

一般的にはクリームやフォームを使う方が多く、ドラッグストアでも一番種類が多いタイプになります。

こういった洗顔料は、界面活性剤が洗浄成分となっているのがほとんどで、泡立ちが良く使いやすいというメリットがあるものの、かなり強力な洗浄力を持っています。

ですので、乾燥肌や敏感肌の方が使ってしまうと、肌への刺激が強すぎてトラブルを起こしやすかったり、肌質を悪化させてしまったりするので気をつけましょう。

ただ、最近は美容成分が配合されているのも増えているので、乾燥肌の人がこれらの洗顔料を使う場合は、保湿が出来る成分が入っているかどうかをチェックしてみるといいですね。

パウダータイプは、主に酵素が洗浄成分となっていて、肌を優しく洗い上げるという特徴があります。

酵素は毛穴の汚れや角質もしっかり落とすことが出来るので、ニキビ肌や毛穴のトラブルが気になるという方は、このタイプを使うといいでしょう。

ただし、パウダーは水分を吸収しやすいため保管が面倒ですし、泡立ちはあまりよくないので、洗顔ネットで時間をかけて泡立てなくてはいけませんから、こういったデメリットを踏まえた上で検討してみてください。

石鹸は余分な添加物が入っていませんし、適度な洗浄力でバリア機能も壊さないので、どんな肌質の人にも向いていると言えるでしょう。

原料はほぼ天然由来の成分ですから、洗顔料選びに迷ったら固形石鹸を使うのがオススメです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る