敏感肌の方が注意するスキンケアのポイントとは

案内する女性 表情 美容

 

敏感肌というのは、肌を守るバリア機能が乾燥などによって低下してしまい、ちょっとした刺激に対しても過敏に反応してしまう状態の肌のことをいいます。

例えば、普通なら特にトラブルが起こったりしない添加物でも、美容成分とされているものでも、敏感肌につけるとかゆみや赤みが起きたり、肌荒れを起こしてしまいます。

ですので敏感肌の方が基礎化粧品を選ぶ時には、刺激となるものが入っていないか、配合されている成分をチェックするのはもちろん、使用する前には必ずパッチテストをしなくてはいけません。

ですが、いくら低刺激で使っても大丈夫な基礎化粧品でも、スキンケアのやり方に気を付けないと肌状態を悪化させてしまうことがあるので注意しましょう。

敏感肌のスキンケアの一つめのポイントとなるのは「絶対にこすらない」ということです。

これはどのステップのケアにも共通していることで、洗顔でも化粧水でも美容液でもとにかくこすってはいけません。

いくら基礎化粧品がクッション代わりになるといっても、肌はデリケートなのでこすると大きな刺激となってしまいます。

洗顔の時は弾力のあるたっぷりの泡を肌に馴染ませて、小さな円を描くようにして洗いましょう。

化粧水は手のひらをつかって顔を包み込むように、美容液やクリームは数箇所に少量ずつ置いて指の腹で軽く押さえるように伸ばしてください。

もう一つのポイントは、正しい保湿をすることです。

敏感肌は肌が乾燥してしまっているので、スキンケアの時には水分補給をメインにしてしまいがちです。

ですが、敏感肌は水分をキープする力がないため、どんなにたくさん与えても保湿が出来ていないと蒸発して、さらなる乾燥を引き起こしてしまいます。

保湿のためには油分で肌に蓋をするというイメージがあり、油分は敏感肌に負担がかかってトラブルが起きやすいので敬遠している方も多いでしょう。

しかし、角質層のセラミドや天然保湿因子が十分なら水分をキープすることができるので、特に油分を使う必要はありません。

セラミドや天然保湿因子が配合されている化粧水や美容液などを使えば、角質層の乱れが整って水分が蒸発することもなくなり、敏感肌の方でもしっかり保湿ができます。

また、敏感肌の方は特に入浴後は要注意です。

水蒸気で肌が潤ったように感じられますが、入浴後は一番水分が蒸発しやすくなっているのですぐに保湿ケアをしましょう。

このように、スキンケアをするタイミングを逃さないことも、敏感肌が注意しなくてはいけない重要なポイントになります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る