スキンケアと日焼け止めの正しい順番

女性 UV 日焼け イラスト

 

どんなに丁寧にスキンケアをしていても、紫外線を浴びてしまうとその効果は半減、もしくはまったく意味がなくなってしまいます。

紫外線には肌細胞を破壊したり、DNAを変性させる有害なUV-A波やUV-B波が含まれているので、肌トラブルや老化を引き起こしてしまうのです。

特に、ここ数年でオゾン層の破壊がすすみ、それまでオゾン層である程度カットされていた紫外線がダイレクトに地上に届くようになってしまいました。

ですので、日差しの強い春から夏にかけてだけではなく、日差しが弱まる秋や冬でも、1年を通して紫外線対策を行わなくてはいけません。

そのために必須となるのが日焼け止めです。

日焼け止めには錯乱剤と吸収剤の2種類があります。

錯乱剤は、酸化チタンや酸化亜鉛などが含まれている日焼け止めで、紫外線を反射して錯乱させる効果があります。

つまり紫外線を跳ね返すことで、紫外線が肌に浸透するのを防ぐのですね。

一方、UVカット効果がある化粧品で使われることが多いのが吸収剤で、これは成分の化学反応によって紫外線を熱に変えて、肌から放出させるタイプになります。

吸収剤は手軽で使いやすいというメリットがあるものの、肌の表面で化学反応を起こすので負担が大きく、肌を酸化させてしみやしわの原因ともなるため、肌のことを考えると錯乱剤の方がよいと言えます。

女性はメイクをするので、いつ日焼け止めを塗ればいいか分からないという方もいるかもしれません。

一般的な日焼け止めの場合は、化粧下地を付ける前、化粧水や美容液、乳液などでスキンケアをした後に使うのが正しい順番になります。

日焼け止めは乳液タイプになっているので、化粧水や美容液の前につけてしまうと、これらの基礎化粧品の成分が浸透しません。

また、日焼け止めの上にいろいろな成分を重ねてしまうと、UVカットの効果が低下してしまうので、必ずスキンケアの最後につけるようにしてください。

ただし日焼け止めは汗などで落ちてしまい、UVカット効果が1日中続くわけではないので、朝つけたとしてもこまめに塗り直すようにしましょう。

塗り直すときは、いちいちメイクを落とさなくても大丈夫なので、メイクの上から薄くつけてください。

そして、日焼け止めを使ったら必ず専用のクレンジングで落としましょう。

日焼け止めは石鹸や水では完全に落とすことができませんし、表皮や毛穴に残ったままだと肌トラブルの元になってしまいます。

ですので紫外線を防ぐために日焼け止めはしっかりつけなくてはいけませんが、きちんと落とすということも忘れないでください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る