20代のスキンケアで必須の知識と方法

ビューティー

 

30代や40代から見れば、若々しくハリのある素肌を持つ人が多い20代は羨ましいものですが、10代と比べたら回復力は落ちるので、スキンケアをきちんとしなければ20代であっても美肌を保つことは出来ません。

ただ、20代のスキンケアで難しいのは、あまりにも肌を甘やかしすぎてはいけないということです。

スキンケアはしっかりしなくてはいけないけど、高機能の基礎化粧品や美容成分がたっぷり入ったものを使うと、肌が持つ力が余計に低下してしまうことがあります。

ですので正しいスキンケアの知識と方法を身につけることが、美肌を維持するためのポイントとなるのですね。

20代は、ある意味本格的なスキンケアデビューをする年代であり、どうしても有名ブランドやタレントさんが愛用しているなどメジャーな基礎化粧品を選びがちです。

また、美容雑誌ではあらゆるアイテムが紹介されているので、必要ないものであっても「使わなくちゃいけない」と思い込んで、使っている人も少なくないようです。

ですが本当に効果を得られるスキンケアをするには、人気や知名度ではなく、自分の肌の状態に合わせた基礎化粧品を使わなくてはいけません。

いくら、美魔女と呼ばれる40代以降の女性が使っているものでも、肌に合っていなければ、逆にトラブルが起きてしまいますし、将来的に美肌を維持出来ることもないのです。

20代のスキンケアで重要なのは、保湿力を低下させないようにすることです。

角質層にあるセラミドや天然保湿因子、真皮層にあるコラーゲンやヒアルロン酸は、20代を過ぎると少しずつ合成量が減少していき、保湿力が下がっていきます。

ですが、年齢的にまだまだ皮脂の分泌量が多いため、つい保湿を後回しにしてしまうのが20代のスキンケアの特徴でもあります。

保湿力が低下すると、肌の乾燥によって皮脂分泌が過剰になったり、インナードライが起きたりして肌の状態が不安定になります。

こういった状態を防ぐためにも、皮脂ケアと保湿ケアに重点を置いてスキンケアをしていきましょう。

皮脂ケアの基本は洗顔ですが、20代は皮脂の落としすぎに注意してください。

洗顔料は自分の肌質に合わせたものでいいのですが、洗う時には弾力のあるキメ細かい泡を作り、直接手が触れないように泡をクッションにして洗いましょう。

保湿ケアは角質層の保湿成分の補給を心がけ、セラミド入りの化粧水などを利用して肌が持つ保湿力が低下しないようにしてください。

さらに、乾燥を防ぐために乳液を取り入れてケアをすれば、美しい20代の素肌を維持できます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る