30代のスキンケアの方法

30代女性のスキンケア

30代になるとお肌の曲がり角と言われる28歳を過ぎていますから、スキンケア方法も代えなければなりません。

28歳を過ぎると女性の肌は老化が進み、くすみやしわ、シミなどが目立つようになります。

今まで特にケアしなくてもシミやシワができなかったと言う方でも、30代を過ぎると徐々に目立ってくるようになるのです。

これは人が生きている限り避けられない問題ですから、仕方ないことです。

 

ですが30代にあったスキンケア方法を取ることで、肌の老化現象を遅らせることは可能で、30代に入るとシミ、しわ、たるみ、くすみといった肌トラブルが一気に襲い掛かってきます。

ですからポイントごとにしっかりとケアすることが大切です。

では実際にどのようにスキンケアをすればいいのかと言うと、アンチエイジングケアと書かれたスキンケア用品を選んでみてください。

アンチエイジングケアには今話題のプラセンタやセラミドなどといった美容成分を豊富に含んだものがたくさんありますので、30代で問題になるのは肌の乾燥が進むことで肌トラブルが起こりやすくなることです。

ですからまずは保湿を十分にできるスキンケア用品を選んでみましょう。

 

ポイントは保湿成分であるヒアルロン酸やセラミドをたっぷりと含んでいることです。

それから気になるのがシミやくすみですが、これらは蓄積された紫外線ダメージが肌の表面に浮かび上がることで起こります。

もっとも効果的な対処法として美白ケアがありますが、ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどの美白効果が高い美容成分を配合した、ポイント用の美容液を活用してみるといいでしょう。

 

またピーリングすることで古い角質がはがれ、くすみを解消することもできますので、ピーリング石鹸やピーリング化粧水などを使い、30代になるとますます乱れがちな肌のターンオーバー周期を元に戻してあげてください。

たるみに関してはリフトアップのためのマッサージクリームを使ってみる方法もありますが、ハリを取り戻すために必要なコラーゲンを配合した化粧品も有効です。
スキンケア用品の選び方としては、低分子化あるいはナノ化した成分を配合しているものを探してみることです。

コラーゲンなどはそのままでは分子量が大きすぎるため、肌の奥まで成分が浸透していきません。

すると効果も半減してしまいますので、必ず分子量が小さいものを選ぶようにしましょう。

洗顔する際も、保湿成分配合の洗顔料であれば、洗顔による乾燥を防ぐことができます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る